所沢市の不動産売却|お困り物件買取.com > お困り物件買取.com.TKGのスタッフブログ記事一覧 > 再建築不可物件の不動産売却が難しい理由と売る方法

再建築不可物件の不動産売却が難しい理由と売る方法

≪ 前へ|不動産売却する物件がペアローンで購入している場合を解説   記事一覧   不動産相続時に売却するならタイミングに注意|次へ ≫

再建築不可物件の不動産売却が難しい理由と売る方法

再建築不可物件の不動産売却が難しい理由と売る方法

土地や住宅などを売り、まとまった現金を手に入れたいと考えるケースは少なくありません。
土地や住宅などの資産は、高額で取引されることが多いため、売ってお金に換えるのは有効といえるでしょう。
ただし、これはあくまで取引がスムーズに進んだときの話です。
本記事では、再建築不可物件の不動産売却が難しい理由や、売るための方法について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

再建築不可物件の不動産売却が難しい理由

まず、再建築不可物件について解説していきます。
これは、建築基準法で定められた、接道義務を果たしていない土地に建てられている建物を指します。
このような物件に関しては、取り壊して新築を建てる、増築するといった場合に行政の建築許可がおりないのです。
これが、不動産売却が難しいといわれている大きな理由です。
特に、古い建物なら、解体して更地にし、新たな住まいを建てたいと考える方もいるでしょう。
しかし、それが現実的でないゆえに、買い手がなかなか見つからないのです。
では、再建築不可物件を売ることは、絶対にできないのでしょうか。
実は、いくつかのポイントを踏まえておけば、売ることは十分可能です。

再建築不可物件の不動産売却方法

再建築ができない物件を売る方法としては、リフォームやリノベーションにより付加価値を与えることが挙げられます。
このような不動産物件は、新築や増築こそ難しいものの、リフォームやリノベーションについては認められています。
そのため、売る前にリフォームやリノベーションで内外装をキレイにし、価値を高めることにより買い手を見つけられる可能性が高くなるのです。
ただ、リフォームやリノベーションに関しても、何らかの規制がかかる可能性はあるため、事前に確認することは忘れないでください。
再建築が不可能な物件であっても、隣地の購入や賃貸といった方法により、売却できる可能性がアップします。
隣地の賃貸や購入により、接道義務を果たすことができれば、新築や増築ができる可能性が高くなるのです。
また、土地や建物の買取をしている専門業者に、物件を買い取ってもらうのもひとつの手です。

まとめ

再建築が不可な物件を売るのが難しいのは、接道義務を満たしておらず、用途が限定されてしまうからです。
スムーズに手放したいのなら、リフォームやリノベーションで価値を高める、建築可能な状態にする、といった手法が有効です。
また、本記事でお伝えしたとおり、土地や建物などの物件買取を専門とする業者もいます。
私たちTKG合同会社は、入間市、狭山市、飯能市を中心に不動産売却を扱っております。
不動産売却についてご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却する物件がペアローンで購入している場合を解説   記事一覧   不動産相続時に売却するならタイミングに注意|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

    2021-06-17

    狭山市中央 戸建て

    狭山市中央 戸建て

    1780万円
    埼玉県狭山市中央2丁目25-10
    西武新宿線 狭山市駅 徒歩22分

    2021-05-04

    北秋津売地

    北秋津売地

    3180万円
    埼玉県所沢市大字北秋津111-15
    西武池袋線 所沢駅 徒歩13分
    物件詳細へ


    更新情報一覧

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    お困り物件買取.com.TKG
    • 〒359-0044
    • 埼玉県所沢市松葉町18-8-402
    • TEL/04-2968-6076
    • FAX/050-3488-0253
    • 埼玉県知事 (2) 第23266号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る